顔認識マーケティングシステムとは

顔認識マーケティングとは監視カメラを使い顧客の顔と表情から性別や年齢、興味関心、気持ちまでを読み取ることによって、マーケティングに活用することを指す言葉です。

顔認識マーケティングシステムは現在、主にデパートやホテル、スーパー、薬局などで活用されている技術だそうですが、これって色んな場面において使えそうですよね。野球場やサッカー場なんかでもいかにファンを獲得していくかに使えそうですし、展示会や見本市なんかには持ってこいの技術のような気もします。

これって逆に言えば事細かに監視できるということなので、万引き対策や犯罪を未然に防ぐことにも活用できるんじゃないかとも思います。

例えば通り魔を起こしそうな感情を読み取って、警備会社や警察に連絡を取り、事件が起こる前に対処するなんとこともできそうです。

そう考えると顔認識システムというのは無限の可能性を秘めている技術といえるのではないでしょうか。