近年急速に普及し出す予定かもしれない顔認識マーケティング

近年、中国市場は、電子マネー(携帯決済)の急激な普及により、中国では、紙幣の偽造が多いことから、昔ながらの市場でも電子マネー決済で済ませるような形となり、日本で言うクレジットカードを持ち歩き、現金を持参しない形で中国においては、スマホだけ持ち歩き、一切小銭等を持ち合わせておらず、電子マネーだけによる買い物市場になりつつあり、それが最終段階にまで到達しております。電子マネー決済の普及率で言うと6割から7割に近い人口が電子決済で対応しているという状況です。その中で顔認識マーケティングも急速に加速しており、中国の一部のコンビニでは、飲料が入っている冷蔵庫を開ける前に顏認証で銀行と提携して、顏を認証できれば冷蔵庫のドアが開き、飲料水が購入できると言うシステムを取っているコンビニが出てきております。顏認証マーケティングが普及することにより、メリットがあるのは、窃盗等の犯罪を防止し易くなるかもしれませんまた、セキュリティー面でも二重認証と言うような形で一役買ってくれると思います。日本でも顏認証マーケティングが普及することによって防犯や犯罪の防止に貢献してくれると思います。