顔認識とデジタルサイネージ

デジタルサイネージ(Digital Signage)は、日本語に訳すと「電子看板」です。駅のホームでの案内のようなシンプルなものから、ショッピングモールなどでのイベント案内、タッチパネル式の案内板など、様々なシーンで利用されています。
このデジタルサイネージに顔認識を付加することで、効果的なマーケティングを行うことができ、採用する企業が増えています。顔認識によるデジタルサイネージでは、来店者が商品を購入しなくても情報を収集・分析できるのが、大きなメリットとなっています。
顔認識では、性別や年齢、体格などを識別できるだけではなく、表情も読み取ることができるので、その人の感情を類推することが可能です。デジタルサイネージの広告を見つめる人の情報を分析し、興味を持ったのはどのような人か、また特にどの層が好意的な感情を示したか、より細かいマーケティングを行うことができるのです。
また、タッチパネル式の案内板では、顔認識によって性別・年齢を判別することで、その人が興味を持ちそうな広告を表示したり、クーポン券を発行するなど、ピンポイントでの宣伝が可能となります。