顔認証システムで収益増加を図る

販売業や接客業において、効率良くマーケティングをするには顧客層を把握することが大切です。
年齢や性別により需要に違いがあることから、その地域に最も多い顧客層をターゲットにすれば、戦略も立て易くなります。
従来までは、その様な顧客層を分析しようと思ったら、POSシステムを活用するしかありませんでした。
POSシステムとは、レジでスタッフが直接顧客の年齢や性別、人数などを打ち込むシステムです。
この場合、実際に購入した顧客のみが対象となり、買おうか迷っている「見込み客」は把握できません。

これに代わり期待されているのが「顔認証システム」です。
顔認証をすることで、顧客の年齢や性別などを瞬時に把握することができます。
この顔認証システムを、デジタルサイネージに搭載することで集客率をアップさせることが可能です。
デジタルサイネージとは電子看板のことで、プログラミングにより表示内容を変化させることができます。
デジタルサイネージに顔認証を搭載すれば、実際に購入したお客だけではなく、購入を検討中の「見込み客」の客層も把握することが出来るのです。

「顔認証システム」により、顧客の分析が進めばマーケティングの方向性も定め易くなり、収益増加が見込めることでしょう。