顔認証とデジタルサイネージの連携はいかに

今や顔認証の技術は格段に進歩してきています。
カメラに写り出した日との顔を切り出して認証する技術は、税関でも応用されるほどです。
さらに驚くべきことは、顔認証とデジタルサイネージの連携です。
特定の顧客に対しては、顔認証をすることで、過去のデータベースと連携させて、店舗のディスプレイに好みの商品やサービスの広告を自動的に表示させたり、手元のスマホに情報を送るようなサービスまで、できるようになってきました。
それまで、デジタルサイネージでは、不特定多数の人々を対象にしてきた広告媒体でしたが、特定の人に特定の情報を提供することができるようになっています。
これによって、顧客の購買意欲を高まる効果が期待できるのです。
また、大型商業施設では、迷い子探しでも、利用することが可能になったきます。
屋内に設置された監視カメラや顔認証技術を取り入れて、人の特定をすることができるようになっているからです。
これから新たな用途の広がりが増えてくることでしょう。