顔認識マーケティングで行動分析

マーケティングの方法の一つとして、レジでの情報収集があります。どんな人(年齢や性別)が、いつ何を購入したかを、レジを使って情報を集め、商品開発や生産調整等に利用します。
この方法の弱点は、購入した人の情報しか得られないことです。
顔認識マーケティングでは、店舗にカメラを設置して、訪れた人の年齢や性別をするので、来店したけれども購入には至らなかった人の情報を集め、分析できることが画期的なメリットとなっています。店舗以外にも、イベント会場にカメラを設置し、どのような人が来場しているかを分析するのにつかわれています。
顔認識マーケティングはデジタルサイネージにも使われています。顔認識マーケティングでは、表情も読み取ることができます。デジタルサイネージで広告を流し、その広告に興味を持った人を分析するという、さらに進んだマーケティングも行われています。
顔認識マーケティングで行動分析ができ、商品開発のための大きなサポートとなっています。今後さらに進んだ利用方法が生まれそうです。