顔認識マーケティングで顧客のニーズに応える

事業でインターネットを有効活用する方法として、顔認識マーケティングに対する関心が高まっています。実際に取り入れている企業も存在しており、これからますます一般化する可能性を秘めているマーケティング技術です。顔認識はスマホの顔認証と同じような仕組みです。スマホの場合は画面に映し出された人物の顔を記録してロックを解除する方法が現在の主流ですが、顔認識マーケティングでは年齢や性別、現在の表情などを分析してプロモーションに活用する方法がよく用いられています。一例として、デジタルサイネージと連動した使い方が存在します。デジタルサイネージとは電子看板のようなもので、1つの画面に様々な広告を表示できる便利な技術です。顔認識技術を用いて顧客の特徴を判断し、電子看板の近くを通ったときにその顧客に最適な広告を表示する工夫ができます。顔認識マーケティングと連携しデジタルサイネージの効率化を高める方法で、このサービスを提供する企業も存在するほど注目されています。