顔認識マーケティングのメリットとデメリット

今話題の顔認識マーケティングを知っていますか。今回はこの近未来的なシステムである、顔認識マーケティングのメリットとデメリットについて考えてみました。

まずメリットとしては企業側が顧客の嗜好などの情報を事細かに把握できるようになり、より適切な商品とサービスを提供できるようになるという点です。

例えば現在でもネットショッピングした際にオススメが紹介されることがありますがあまり好みに合わなかったり重複したものがいくつも出てきます。しかしこのシステムを使えばその人が求めているもの、ほしいものにピッタリあった商品を店舗が見つけて提供できるようになるのです。

では逆にデメリットとは何でしょうか。それは顔認識の情報を個人情報と結びつけることで、よりプライベートな部分を企業側に把握されてしまうということでしょう。

情報社会の現在において個人情報は非常にデリケートで無闇に他人に明かすべきではないものですが、これからより簡単に企業側に利用されてしまうかも知れないのです。