顔認識デジタルサイネージでは同一人物か?どうかの照合が可能

顔認識デジタルサイネージというのはいろいろな場所で見ることができますが、いわゆる顔認識機能がついているがゆえに、同一人物か?どうかの照合をすることが可能になります。

顔認識デジタルサイネージの場合には、顔のデータを保存することにより、実際に顔認識デジタルサイネージを見ている人が、過去に存在したデータベースと一致するか?を調べることができるのです。

つまり、今見ている人が過去にも見ていたのか?どうかを調べることが可能となり、そういった部分からのマーケティングというのも行うことができます。こういった部分というのは顔認識機能の魅力でもあり、いろいろな分野で利用されています。

その中にはデジタルサイネージというケースもあり、こういった分野でも過去のデータベースとの一致があるか?どうかという点は役立っています。同一人物か?どうかの照合ができれば、そこから生かすことができるものがあるはずなので、こういう機能はかなり注目でしょう。