これからの顔認証マーケティング

顔認証というのが今では当たり前になりつつありますが意外と多くの人が顔認証の技術を甘く見ているというのがあります。

なぜなら未だに顔認証システムを単に個別の顔を認識して本人かどうか判定するためだけに使っているという人が多いからです。確かに顔認証の基本的な使い道はそれぞれの顔の違いを識別してなりすましを防止したりするのが目的です。

ですが今ではその顔認証もマーケティングとして色々活用されるようになっています。特に最近注目されているのが、この顔認証の技術を使って顧客属性の見える化を行っているというのがあります。

それはどういう事かというと店に来た顧客のデータを顔認証で管理するというものです。これならどういう顔をした人がどういう物を購入しているかという事が分かって
そこからそのお客が欲しがっている物を素早く提供できるという良さがあります。

特に毎回店に訪れるような人に対してより上質な接客をやるために顔認証は有効です。