顔認識によるデジタルサイネージの活用法と有効性

顔認識デジタルサイネージはどんな利点があるのか

顔を認識させて、その人がどんな年齢層であるのか、ということとか性別はどっちか、というのがデジタルサイネージから判断させるというものがあります。

顔認識デジタルサイネージというものですが、これが物凄く多くのことに利用されています。デジタルサイネージの最も良い所としては、その全てのデータを中央で集中管理することができるということで表示される内容を変えるということもできるわけですが、そこで認識された顔のデータなども収集できます。

つまりは、そこの広告を見る人の年齢層とか性別などのデータを収集して分析して、それをマーケティングに活用するということができるようになるわけです。

デジタルサイネージは単純にそのまま情報を垂れ流すだけ、ということではなく、その時の人の集まり具合などによって内容を変えるということが中央管理ができているので、その場所に応じたしっかりとした広告表示もできるようになるわけで、これは非常に大きな利点となります。

顔認識デジタルサイネージの魅力

顔認識デジタルサイネージはかなり多くのところに活用する事ができるでしょう。

デジタルサイネージを有効活用する方法として広告を見ている人たちに合わせるということがあるわけですが顔認識デジタルサイネージということになりますと搭載されているカメラなどによって自動的に見ている人たちというのはを確認してそれにふさわしい広告なども出来たりするわけです。

年齢や性別というのは非常にマーケティングに重要な要素になるためデジタルサイネージを設置する場合などに把握しておきたいことでもあるわけです。そうした事を含めて顔認識システムを搭載したデジタルサイネージというのは活用されているのです。

見ている人達の顔認識をするということをデジタルサイネージ単体でできるというのがかなり魅力的なことがあり、つまりは元々顔認識させてデータを収集するということはしていたりしたとしてもそれが即座に反映されるということにはまだまだや技術的に足りない部分があったのですが、顔認識デジタルサイネージというのがそれが改善されたものになります。

顔認識デジタルサイネージのイメージ

顧客の分析ができる顔認識マーケティングへの投資

いろいろな分野で機械化が進んでいます。今特に注目されているのが顔認識マーケティングです。それを可能にする高性能なカメラを設置することで、顧客の特徴を把握できるというシステムです。

レギュラーカスタマーとそうではない人を判断し、来店者の年齢や性別などの特徴を掴み、どのような時間帯に来店しているのか、なにを購入するのか、しないのか、そのような分析ができるのです。

もちろん個人情報の問題があるため、あくまで個人を特定しない範囲でこのデータをマーケティングに活用することができます。

この顔認識システムを導入することで、リピーターを増やすにはどのような商品やサービスを揃えるのが良いのか、また新規顧客を増やすためには、どのような部分に力を入れたらいいのか、会社としての目標やゴールがはっきりしてきます。

そしてそれに取り組むことで業績は右肩上がりとなるでしょう。システム導入に費用はかかっても、それにより得られる情報量が膨大であり、賢明な投資であるといえます。

顔認識マーケティングを導入するとどうなるか

顔認識マーケティングをやっている企業が最近は増えています。それはどうしてかというと、顔認識マーケティングを導入した方がマーケティングの手間が省けてさらに正しいマーケティングが可能になるというのがあります。

では、実際にどのような点で良いかというと、人の手でやっていたマーケティングとは違って簡単にどういう人が店に来ていたか把握できるというのがあります。なので、今後顔認識マーケティングを導入したいと思っている企業は積極的に導入していくべきだと思います。

確かにこれで導入費用がかかりますがそれだけの価値は十分あります。人の手でやるのも結構ですがそれでは正確な情報を得られるか疑問ですし、また時間もかかります。

今後は顔認識マーケティングをやっていくのが最善だと思います。それで多くの企業で大した手間をかけずにしっかりマーケティングができるようになります。なので、躊躇しているくらいなら早く導入すべきです。

顔認識デジタルサイネージのイメージ

顔認識とデジタルサイネージの組み合わせで売り上げ増

多くの人はなんとなくぶらーっとお店に立ち寄り、いろいろな商品を手に取ってチェックをするかもしれませんが、商品を購入するまではいかず、そのままお店を出てしまうという人は多いです。

欲しいものがあったとしても、購入まではいかない何らかの理由があったのでしょう。実際お店には、購入する人よりも、ただ立ち寄っただけという人の方が多いかもしれません。

お店側とすれば、そのような人たちが、どんなことに関心を抱いているのかが気がかりではないでしょうか。

顔認識によるデジタルサイネージという技術が今とても注目されており、企業側はこのスキルを導入したいと考えています。デジタルサイネージとは電子看板のことですが、これに顔認識システムを合わせることで、その人にマッチする商品の宣伝を出すことができるようになります。

顔認識システムでは、その人の表情まで読み取ることが可能になるので、その商品のデジタルサイネージに関心を示したのか、それともそうではなかったの判断ができるのです。

こうした情報の蓄積により、例えば40代女性の興味の惹くと思われる商品の宣伝を出すことで、購買意欲をそそり、売り上げ増を成し遂げることができるようになるのです。

顔認識システム×デジタルサイネージ=良質なマーケティング

デジタルサイネージ技術とはディスプレイやプロジェクタなどに広告を表示させる技術です。この技術は現段階では、ただ単に依頼者から依頼された広告を表示する機能しかありません。ですが、この技術に顔認識機能の技術を組み合わせると新しいマーケティング技術として生まれ変わります。

まず、顔認識システムが顧客となりえる人物の年齢層、性別等をリサーチして分析し、着ている洋服や持ち物などから顧客となりえる人物の好みに合わせた広告を表示することができたらそれは、すでに新しい技術であると言えます。

特にマーケティングを行なう際、年齢層や性別といった事は重要な要素であり、瞬時に性別と年齢層を顔認識システムで判断し、その人にあった商品をディスプレイに表示させることでその人が広告に興味を持てばマーケティングは成功といえます。

逆に性別とは関係ない、もしくは興味をもたれていない広告を表示し続けたらこのマーケティング技術は不発に終わります。

いずれにせよ、マーケティングを行なう際に顔認識システムを導入することで多くの年齢層の顧客データを管理することにより新たなマーケティングの顧客獲得技術がすぐそこまで来ているのは確かです。

最近は、windows10も顔で認証が可能ですよね。その他にも、顔認識の技術はマーケティングにも使われています。例えばコンビニに入れば、何歳、男性など、防犯カメラで個人情報の一部がわかります。

それが、問題になるのはマナーの悪い人なので、普通に生活している人には関係ないです。顔認識システムが近ごろ目覚ましく発展しているのは、ディープラーニングというAIの技術が使われているからです。これからさらに開発が進むでしょう。

顔認識でその人の年齢とか性別とかがわかって、例えば、コンビニなんかで、買ったものを特定できれば、同じような年齢、性別の人が買いそうな商品を教えてくれ、その商品を陳列棚に置けば良いのです。

又は、万引きするような人が来たら、顔認識ツールで判別し店員に教えてくれるようなシステムも可能でしょう。顔認識を分析して、売れそうな商品や、店内の温度、湿度などでどう変わるのかなどデータがどんどん蓄積されて、良い店舗作りに役立つのではないでしょうか。