顔認識によるデジタルサイネージの活用法と有効性

デジタルサイネージ技術とはディスプレイやプロジェクタなどに広告を表示させる技術です。この技術は現段階では、ただ単に依頼者から依頼された広告を表示する機能しかありません。ですが、この技術に顔認証機能の技術を組み合わせると新しいマーケティング技術として生まれ変わります。

まず、顔認証システムが顧客となりえる人物の年齢層、性別等をリサーチして分析し、着ている洋服や持ち物などから顧客となりえる人物の好みに合わせた広告を表示することができたらそれは、すでに新しい技術であると言えます。特にマーケティングを行なう際、年齢層や性別といった事は重要な要素であり、瞬時に性別と年齢層を顔認証システムで判断し、その人にあった商品をディスプレイに表示させることでその人が広告に興味を持てばマーケティングは成功といえます。逆に性別とは関係ない、もしくは興味をもたれていない広告を表示し続けたらこのマーケティング技術は不発に終わります。いずれにせよ、マーケティングを行なう際に顔認証システムを導入することで多くの年齢層の顧客データを管理することにより新たなマーケティングの顧客獲得技術がすぐそこまで来ているのは確かです。

最近は、windows10も顔認識で顔認証が可能ですよね。その他にも、顔認識の技術はマーケティングにも使われています。例えばコンビニに入れば、何歳、男性など、防犯カメラで個人情報の一部がわかります。それが、問題になるのはマナーの悪い人なので、普通に生活している人には関係ないです。顔認識が近ごろ目覚ましく発展しているのは、ディープラーニングというAIの技術が使われているからです。これからさらに開発が進むでしょう。顔認識でその人の年齢とか性別とかがわかって、例えば、コンビニなんかで、買ったものを特定できれば、同じような年齢、性別の人が買いそうな商品を教えてくれ、その商品を陳列棚に置けば良いのです。又は、万引きするような人が来たら、顔認識で判別し店員に教えてくれるようなシステムも可能でしょう。顔認識を分析して、売れそうな商品や、店内の温度、湿度などでどう変わるのかなどデータがどんどん蓄積されて、良い店舗作りに役立つのではないでしょうか。